石油とエコ

燃料電池について

技術開発に関する取り組み

燃料電池への期待

燃料電池は、効率が高く、環境への負荷が少ないため、家庭や自動車等への新しいエネルギーの供給形態として期待されています。

今後の普及に向けて、技術開発や実証事業など国を挙げた取り組みが進められており、石油業界でも、CO2削減に貢献し、かつ石油系燃料を有効に活用できる新しいエネルギーシステムとして、石油系燃料電池の開発、普及への取り組みを進めています。

CO2排出量の比較

CO2排出量の比較


定置用燃料電池システム

仕組み

定置用燃料電池システムは、灯油やLPGなどから作った水素と空気中の酸素を利用して発電します。発電と同時に発生する熱は、温水として回収し、キッチンや風呂の給湯として使用することができます。

特徴

(1)

省エネ・・・発電と同時に発生する熱も使用できるため、石油系燃料のエネルギーを効率よく利用できます。

(2)

環境にやさしい・・・石油系燃料を効率よく利用するため、CO2の排出量を削減できます。また、水素と酸素を使った電気化学反応による発電のため、酸性雨の原因となる窒素酸化物(NOx)や硫黄酸化物(SOx)をほとんど発生しません。

石油系燃料を用いるメリット

(1)

発電に使用する水素は、LPG、天然ガス、灯油などさまざまな燃料から作ることができます。中でも、灯油やLPGなどの石油系燃料は、全国に供給インフラが整っており、また貯蔵や輸送が容易なことから水素源として適しています。

(2)

阪神・淡路大震災や新潟県中越地震でも証明されましたが、灯油やLPGは災害に強く、災害時のエネルギー供給システムとして期待できます。

石油業界の取り組み状況

石油業界では、長年にわたり、石油系燃料から水素を製造するための高度な技術や取り扱いについてのノウハウを蓄積してきました。このようなノウハウや全国に整った燃料供給インフラを活かし、一般家庭へLPGや灯油などの石油系燃料を用いた燃料電池システムを設置し、実証を進めてきました。その結果、2009年には、家庭用燃料電池は名称「エネファーム」として一般販売が開始され、石油系燃料としてまずLPGを用いるものが登場しました。

「エネファーム」および「ENE・FARM」は、出願商標です。
ENE FARM エネファーム

定置用燃料電池システムの設置例

定置用燃料電池システムの設置例


燃料電池の普及に向けて

燃料電池の普及促進の一役を担うべく、今後も石油業界を挙げて積極的な取り組みを進めます。

  • 技術開発・・・すでに実用化された固体高分子型(PEFC)を上回る発電効率を持つ個体酸化物型(SOFC)等の開発を進めます。

    また、災害に強いといった石油系燃料の特徴を生かした災害対応型燃料電池システムの開発を進めます。

  • 実証試験・・・技術開発の成果を反映させつつ、一般家庭や業務用施設おける石油系燃料を用いる燃料電池システムの実証試験を積極的に進めます。

  • 普及基盤整備・・・規制緩和要望、JIS基準・国際基準の策定、その他各種基準の作成を進めます。

家庭用燃料電池「エネファーム」(出所:新日本石油)
家庭用燃料電池「エネファーム」
(出所:新日本石油)

家庭用燃料電池「エネファーム」(出所:新日本石油)


燃料電池車への水素供給

石油業界では、水素と空気中の酸素を反応させて作った電気でモーターを回して走る、地球にやさしい燃料電池車の普及に向けて、燃料電池車向けの水素製造技術を開発するとともに、燃料の水素供給インフラである水素ステーションの実証を進めています。
石油各社は、国の実証事業(JHFC/NEDOプロジェクト)に参加し、異なる燃料から水素を製造し、燃料電池車に供給する水素ステーションを運用しています。た、2006年12月からは、サービスステーション(SS)を活用した国内初のSS併設型水素ステーションの実証を開始しています。※109年度からは、旭、大黒、霞ヶ関、千住にて航続距離の伸長をめざした70MPa充填対応燃料電池搭載車に水素を供給するため、水素ステーションの70MPa充填対応の改造を行い、新たな実証・開発も進めています。
※2また、SSで灯油から水素を製造・供給する設備の技術開発も行っています。08年度からは、灯油を原料とする膜型反応分離プロセスを用いた水素製造技術開発を実施しています。

※1 : 経済産業省が実施する「水素・燃料電池実証プロジェクト」の一環として実施
※2 : (財)石油産業活性化センターが実施する将来型燃料高度利用研究開発事業の一環として実施
ガソリンスタンドインフラを活用した水素供給(SS併設型水素ステーション) 石油各社が運用する水素ステーション(赤字表示)

ガソリンスタンドインフラを活用した水素供給
(SS併設型水素ステーション)

石油各社が運用する水素ステーション(赤字表示)


ページトップへ