石油連盟ホームページへ

調べてみよう石油の活躍

調べてみよう石油の活躍

最優秀作品賞

最優秀作品賞
文部科学大臣賞 石油連盟会長賞

おじいちゃんと石油とその未来へおじいちゃんと石油とその未来

中国 青島日本人学校 6年

岩田 隆之介

中国 青島日本人学校 6年

岩田 隆之介

 ぼくのおじいちゃんは石油に関わる仕事をしている。ガソリンスタンドの地下貯蔵タンクの点検や修理である。でも、お父さんはおじいちゃんの仕事を継がずに公務員の道を選んだ。その理由は色々あったようだが、二人が「ガソリン燃料の将来は難しいからね。」と話していたことを記憶している。

 ぼくは、ガソリンの原料となる石油について少し調べてみた。石油は精製されると、ガソリン、灯油、軽油、重油、ジェット燃料など現在の私達の生活に欠かせない燃料となることを知った。同時に石油は何億年もかけて作られた化石燃料であり、このまま大量に採り続けると近い将来無くなる可能性があることを知った。また、化石エネルギーの大量消費は地球の温暖化など環境問題を引き起こすことから現在、石油に代わる新エネルギーへの移行が進んでいることも分かった。これがおじいちゃんとお父さんが話していた「ガソリン燃料の将来は難しい」の言葉なのかもしれない。

 ぼくはお父さんに、「石油は無くなるのかな。そうなると大変なのかな。」と聞いてみた。するとお父さんは、「いつかはなくなるだろうね、でも遠い先の話だよ。昔は石炭だったけど、石油に変わっただろう。将来は色々なエネルギーを使うことになるかもしれない。でも、石油はこれからもずっと必要だよ。だから大切にしないといけない。」と答えた。

現在、石油が私達の生活を支えているのは事実だ。移動のための車、バス、飛行機、冬の寒い日の灯油ストーブなど燃料としてだけでなく、プラスチック製品や道路のアスファルトにも使われている。又、火力発電の燃料としても必要である。

 おじいちゃんの手は何十年もガソリンにまみれて真っ黒だ。いつもぼくに、「洗っても落ちないんだよ。」と言って、人に見られることをとても気にしている。でも、少し石油について知ると、ぼくは、おじいちゃんのその黒い手をかっこよく思えた。なぜなら、おじいちゃんは、ぼく達の生活に欠かせないガソリンを、人々に安全に渡すため、毎日汗をかいて、手が真っ黒になりながら、ずっとその仕事をしてきたのだから。おじいちゃんだけではない、きっと石油にたずさわるお仕事をする多くの人が何十年もぼく達の生活を支えてくれ、これから先も支え続けてくれるのだろう。

 ぼく達は、石油の重要性を知り、石油がもたらしてくれた現在の豊かな生活に感謝しなければならない。そして、石油はきっと、ぼく達の未来に新たな利便性や可能性を見せてくれるに違いないと信じている。

石油の作文コンクールTOPへ