石油連盟ホームページへ

調べてみよう石油の活躍

調べてみよう石油の活躍

優秀作品賞

優秀作品賞
石油連盟広報委員長賞

次世代石油スタンドの店長になるぞ次世代石油スタンドの店長になるぞ

愛知県 碧南市立新川小学校 6年

石川 昂平

愛知県 碧南市立新川小学校 6年

石川 昂平

 「ありがとうございました。」

 ぼくの家はガソリンスタンドをしています。父さん、母さん、ばあちゃんの元気な声が、給油を終えたお客様を送り出しています。

 ガソリンは言うまでもなく石油から作られています。限りある大切な資源です。しかも、そのほとんどを輸入に頼っています。

 日本は、自然豊かな国でしたと、過去形で言わなくてはならないくらい、自然破壊が進み、その代しょうで温暖化による自然災害が毎年のようにあちこちで起きています。

 原因は、自動車から排出される二酸化炭素なの?ぼくの家の仕事は、環境破かいしているの?

 そう思うと胸が苦しくなりました。

 自動車も環境の事を優先するかのように、ハイブリッド車や電気自動車が作られるようになりました。またガソリン車でも燃費のいい車が作られるようになりました。

 その影響で、ガソリンスタンドはどんどん減ってきました。

 東北や熊本の地震では、支援物資を運んだり、寒さをしのぐために活やくしたのは、ガソリンスタンドです。

 生活にかかせない石油です。電気自動車の電気はもともと発電所、つまり石油から作られたエネルギーで走っているんです。

 でも環境のために、石油の使用方法を考えなければいけなくなりました。

 今まで、そして今もたくさんの人達を助けてくれている石油です。

 ぼくは、自分のお店が大好きです。
毎日、家族や従業員さん達が笑顔で、
「ありがとうございました。」
「気をつけてお帰り下さい。」の言葉とていねいなおじぎをする姿をずっと見てきたぼくは、いつも胸がすーっとして気分そう快にさせてもらっています。

 ぼくは、お店をつぎたいです。そのために、たくさん勉強や研究をして、環境に優しい、次世代石油を日本で作りたいです。地球にそして地球に住む全ての生き物に優しい石油を作りたいです。

 ぼくのお店のガソリンスタンド。いろいろな事をたくさん教えてくれた、ガソリンスタンド。大きいおじいちゃんから続いているガソリンスタンド。守っていきたいです。

 待っててね。必ず次世代石油を作って、スタンドの店長になります。

 約束します。

 ぼくは、「ありがとうございました。」が、ひびきわたるスタンドをついでいきたいです。

石油の作文コンクールTOPへ